間伐の必要性

間伐は森林のためにも良い

間伐は木の成長を促進するために行うものです。間伐材を積極的に使用することによって森林整備の促進することにつながってきます。間伐を適度に行われた地域には水資源を保有しやすくなったり、国土の保全に繋がったりと良いこと尽くしです。間伐を行うことによって木を大きく育つことができ、風雪害にも強くなります。生物多様性の向上にもなるため、人間以外の動物も住みやすい環境をつくることにもつながります。木を植えて育てて、間伐し使用すると半永久的な資源として木材を使用することができ環境へやさしいサイクルとなります。光合成を行う木は二酸化炭素を吸収して酸素を放出するため地球温暖化の抑制にも役立つ素晴らしい力があります。

木材の使用で環境への配慮ができる

森林が生み出す木材を使用することによってアルミニウムや鉄鋼と比較しても製造にかかるエネルギーが少なくて済みます。木の良さとしては素晴らしい肌触り、香り、弾力性など様々な効果がありますので住宅建設には欠かせないものとなっております。空気環境を整える調湿機能や断熱性もあるため、夏場は涼しく快適に冬場は暖かく過ごすことができるため満足度も高くなります。小さな子供やお年寄りがいるような家庭は間伐材を使用した住宅や製品を使用することによって快適に過ごすことができます。室内の床材に利用することによってダニ類の繁殖を抑制する効果もありますのでお勧めです。日本の木材をより多く使用することによって快適に地球環境保全に貢献することができます。